楽天アフィリエイトのメリット

 

最初からASPアフィリエイトをしていた人にとっては楽天アフィリエイトというのは報酬が1%というのと、報酬がポイントというのがデメリットに映って、あまり魅力的に感じないようです。

 

でも、楽天アフィリエイトもうまくやれば、報酬を底上げしてくれるポテンシャルを持っています。

 

メリット1 ASP→楽天の流れがある

 

具体的な例を1個挙げれば、楽天で販売されていたものがASPでも取り扱いになるというのがあります。

 

酵素ドリンクの優光泉なんかはその典型例です。

 

楽天アフィリエイトで優光泉を紹介していた人がA8でも扱うようになってリンクを張り替えて報酬が爆発したという人も多いと思います。
(私もこのおかげで昔作った優光泉の無料ブログから定期的にポツポツ報酬が上がっています。高額でしかも承認率が高いので、ハチが飛んだときは本当にうれしいです)

 

なので、楽天の総合ランキングで上位の商品は将来、ASPでも販売されることを見越してとりあえず1サイトでも作っておけば、当たったときはデカいです。

 

ASPの商品のなかにもLPで楽天ランキングで1位を穫ったときのキャプチャー画像を載せているものも多いです。

 

なかにはLPに楽天のキャプチャーが載っている商品は紹介しないという人もいるかもしれませんが、そういう商品でも普通にASPアフィリで売れます。

 

楽天を全く利用しない人だったり、公式ページで購入した方がメリットのある商品も多いので、楽天のページと公式ページを見比べてみると新たな発見があります。

 

ボタニストシャンプーも将来ASPで扱いそうな予感がします。

 

メリット2 高料率ショップが増えてきた

 

最近、以前と比べて高料率のショップが増えてきた感じがします。

 

5%とか10%のショップが普通にあるので、こういうお店を紹介するのも一つの方法です。私も現在は高料率ショップを紹介する戦略をとっています。

 

ただ闇雲に高料率ショップを紹介すればいいのではなく、商品にユーザーレビューが多くついているものを選ぶのがポイントです。そうじゃないと全く売れません。

 

そのお店にしかなくて、しかも高料率というのがあれば最高です。ちなみにですが、ASPの報酬よりも楽天での報酬の方が大きい商品というのもあるので、ASPにも楽天にもある商品は一度報酬を比較しておいた方がいいです。

 

あと、以前は高料率だったのにいつのまにか1%報酬に戻っているパターンもあるので、PPCに出稿している人は注意が必要です。ASPアフィリエイトのように事前に報酬変更の連絡がないので、知らずにほったらかしておくと大赤字になる場合があります。

 

メリット3 サイトにすぐリンクを貼れる

 

ASPアフィリエイトだとサイトを作ってもすぐにアフィリエイトリンクを貼れるわけではなく、サイトの登録を審査を受けて、さらに広告主と提携という順序を経ることになります。

 

即時提携のプログラムならサイトの審査さえ合格すれば、1日ほどで広告を掲載できますが、審査に時間がかかるプログラムだとそういうわけにもいきません。

 

楽天とかインフォトップのアフィリに慣れていると、広告掲載までに1クッションあるというのがちょっとストレスに感じます。

 

テレビで紹介されて、当たるかどうかわからないけど、とりあえずサイトを作ってみようというときは力を抜いて気楽に取り組めるのでいい気分転換になります。

 

まとめ

 

楽天は扱える商品も桁違いに多く、自分が実際に使っていた商品もアフィリエイトできます。記事を書くのが苦手な人は自分の楽天の購入履歴を見て、リピートしている商品の記事を書くのから始めてみてもいいかもしれません。