FlashairのW-04は国内版じゃなくても大丈夫でした

長らくポメラDM100でFlashair経由でEvernoteに投稿できなくなっていたのが、つい最近投稿できるようになりました。

 

ただ、投稿できるのはFlashairのW-04(第4世代)です。

 

私が使っていたのはW-03(第3世代)だったので対象外でした。
自分がどの世代のFlashairを使っているかはFlashairの表面を見ればわかります。

 

 

ちなみにこれはW-03(第3世代)です。

 

ポメラからパソコンにデータを移す際、SDカードのスロットにFlashairを差し込むだけなので特に手間はないのですが、入れる度にデジカメのソフトが起ち上がるのでそれをその都度終了させるのが面倒だなと思っていました。

 

Flashair経由だとポメラの電池消費が激しいのですが、Evernoteに投稿できるとバックアップにもなるのでやっぱり便利です。

 

というわけでW-04を購入することにしました。

 

W-04には国内版もありますが、海外版もあります。
当然海外版の方が安いので海外版を購入しました。

 

こちらのお店で購入しました。

 

 

東芝 TOSHIBA 無線LAN搭載 FlashAir W-04 第4世代 Wi-Fi SDHCカード 32GB UHS-I U3 90MB/s Class10 日本製 海外パッケージ品 送料無料

 

届いたのは中国向けのパッケージでした。
中国向けといっても日本製です。

 

どうせなら最大容量の64GBを買おうとしたのですが、DM100が対応しているW-04は32GBまでです。

 

参考リンク 動作確認済みメモリーカードについてのお知らせ - キングジム

 

 

なので、32GBを購入しました。

 

パッケージはもちろん中国語でしたが、裏面の下に
「特定の海外国/地域向け製品のため、日本国内でのサポートは受けられません」と日本語で書かれていました。

 

W-04はアップデートして使う必要があります

 

アップデートするためのソフトウェアはこちらから入手できます。
PDFのマニュアルもこちらで入手できます。
日本語なので全然心配ないです。

 

参考リンク 無線LAN搭載SDHC/SDXCメモリカードFlashAirソフトウェア更新ツール(SD-UWAシリーズ<W-04>)ダウンロード

 

ウィンドウズ用、マック用それぞれのソフトがあります。

 

あとはPDFのマニュアルに従ってW-04をアップデートするだけです。

 

バージョンアップのためにFlashairを3度抜き差しするのはちょっと面倒臭かったです。

 

 

中華版のW-04でも問題なくアップデートできました。

 

アップデートに失敗した人はパソコンを再起動すれば、うまくいくと思います。
私も2度アップデートがうまく行かなかったのですが、パソコンを再起動したあとアップデートしたらうまく行きました。結局9回もFlashairを抜き差しする羽目になりました。

 

バージョンアップも成功し、DM100からのEvernoteの投稿もちゃんとできるようになりました。投稿の時間がかなり早くなったように感じました。ポメラの場合、テキストファイルだけというのもあるのでしょうけど。

 

中華版のW-04が使えるので、DM100のEvernoteの投稿に興味のある方は是非試してみてください。

 

DM100がレンタルできるサイトを発見

 

DM100が故障して、手元にないときに困るのが執筆環境です。いい機会だからとDM200を購入するのもありですが、愛着があるので修理で戻ってきたらまた使いたいという人も多いと思います。

 

とはいえ、DM100が戻ってくるまで何もしないというわけにもいきません。

 

そんなときに便利なのがDM100をレンタルできるサイトです。

 

DM100は現在、新品は市場になく、中古品もかなり高い値段で取引されています。

 

レンタルだとポメラが修理から戻ってくる間も安心して執筆できます。

 

DM200もレンタルできればうれしいのですが、今のところ登録されていないようです。ただ、DM100がレンタルできるくらいなのでそのうちDM200もレンタルできるようになるかもしれません。どちらかというとDM100よりもDM200の方がレンタルの需要がありそうですが。

 

DM100がレンタルできるサイトはこちらです

 

レンタル開始日を指定しないと、最短で発送されます。
急ぎの場合は日付指定しない方がいいみたいです。