バナープラスは袋文字(縁取り文字)が簡単にできます

スマホ経由のアクセス

 

最近ではサイトのアクセスもほとんどスマホになっています。

 

スマホだとテンプレートの違いよりもヘッダーの違いが目立ちます。

 

極端な話、シリウスの標準で付属しているレスポンシブテンプレート(シンプル)にサイトごとに違うヘッダーを用意すれば、同じ人が作ったサイトとは気付かれにくいです。当たり商品を見つけて、その関連キーワードでサイトを量産しているときには必須です。

 

ヘッダーを作るには Inkscape や GIMP のようなフリーソフト、有料ソフトだとホームページビルダーについてくるウェブアートデザイナーを使っている人も多いと思います。

 

ヘッダーを作るのにはデザインセンスもいるかと思いますが、私は文字の縁取りが簡単にできて、JPGに出力しても文字がにじまないというのも重要なポイントだと思っています。

 

Inkscape や GIMP だと文字の縁取りが面倒臭いし、ウェブアートデザイナーは文字の縁取りは比較的簡単ですが、縁の大きさに限度があります。

 

それにこれらのソフトだとJPGに出力したときに文字がにじんだ感じになってしまいます。(Inkscapeはいきなりjpgには出力できないので一度pngに出力して、GIMPなど別のソフトでjpgに変換する必要があります)

 

 

文字の縁取りが簡単で、出力したときに文字がきれいなまま保てるのがバナープラスです。

 

有料ソフトで、買い切りではなく1年ごとに使用料を払うタイプのソフトなのがちょっとネックですが、専門のソフトだけあってちょっと操作にクセはあるものの使い勝手はいいです。

 

文字の縁取りもこのように自由自在です。
縁取り100
(メイリオ、縁取り100)

 

縁取り400
(メイリオ、縁取り400)

 

 

二重の縁取りも可能です。
二重の縁取り
(メイリオ、縁取り100)

 

 

影を入れることもできます。

 

 

フォントは自分のパソコンにインストールされているものがそのまま全部使えます。
うずらフォント
(うずらフォント)

 

でも、メイリオでも充分きれいにできます。

 

アフィリエイト用のバナー、ヘッダー作成に特化しているだけあって、あらかじめソフトに入っている素材だけでもそれなりのヘッダーが使えます。もちろん自分がもっている素材集もそのまま使えます。

 

Inkscapeのsvg、GIMPのxcf、ウェブアートデザイナーのmifのようなxbpという拡張子がバナープラスにもあるので、作業を途中で中断してもまた続きからバナーを作成を再開できますし、別のサイト用にデザインを使い回すことも可能です。

 

バナー作成の中断が可能

 

この機能は当たり前だと思われがちですが、アフィリエイト用のヘッダーやバナーを作れるツールのなかには途中で保存できる機能がないものもあります。こういうツールの場合、作業の中断ができないですし、ヘッダーをちょっと作り直したいと思ってもまたイチから作業をしなければいけません。

 

なので、バナーを作るツールを購入するときはLPをよく見て、専用の拡張子で保存できるかをしっかり確認してください。LPに書いてなければ、間違いなく途中保存はできないので、そのソフトは買わない方が無難です。

 

文字に関してバナープラスでできないこと

 

バナープラスについて文字の縁取り、縁の大きさが簡単に調整できることはすでに書いた通りですが、文字に関してバナープラスでできないことがあります。

 

それは好きな文字色にできないということです。

 

どういうことかと言うと、バナープラスではソフト側で用意されている色しか文字色を変更できません。

 

つまりカラーコードを入力して任意の文字色にはできないということです。
(ちなみにCatch the WebのGarakuではhtmlコードで色指定できます

 

ただ、色に関しては万遍なくあるのでそれほど困らないと思いますが、他のソフトでは普通にできることなので、知らないで使ったらかなりびっくりすると思います。

 

バナープラスには掲示板があるので、要望の声が大きければバージョンアップのときに反映されるかもしれません。

 

Catch the WebからGarakuが出たので、そろそろ大型バージョンアップがあるかもしれません。

 

 

バナープラスの2年目以降ってどうなってるの?

 

バナープラスは年間更新型のツールです。
2年目以降の更新はどうなっているのでしょうか。

 

つい先日、更新の案内がメールで来ました。
期限が切れる10日前です。

 

2年目の料金は9,800円です。
1年目の料金は14,700円だったので、バナープラスのアフィリエイト報酬分だけ安くなっている感じです。

 

更新の方法は2種類あります。
銀行振込かpaypalでの支払いです。

 

どちらで払っても料金は同じですが、paypalで払うと素材集がもらえます。

 

ちなみに素材集の中身ですが、「医療・ペット関連の素材パック」「子供・地図関連の素材パック」「カメラ・写真関連の素材パック」というものでした。

 

期限内に更新しなかったらどうなる

 

期限内に更新しなければ、ソフトは使えなくなります。

 

ここで注意しなければいけないのは期限切れで再度更新する場合です。

 

例えば、副業でアフィリエイトをやっていて、バナープラスの更新月は無茶苦茶忙しかったので、更新しなかった場合です。仕事も落ち着いて二ヶ月後に再度更新しようと思っても9,800円では更新できません。

 

1年目と同じ14,700円を払う必要があります。

 

切れ目なく更新し続けないと5,000円多く払う必要があります。

 

もう使わない場合はわざわざ更新する必要はありませんが、更新を考えている人は更新案内のメールが届くのが10日前とわりと直前なので、注意してください。

 

それにしても更新料を払うソフトのわりに最後のバージョンアップが2015年9月14日で2年もバージョンアップされていないのはなぜだろう。作っているところと販売しているところが別なのかな。こういう場合は意志の疎通がうまくいかない場合が多いので。

 

 

2018年7月7日追記

 

2018年5月30日にバージョン「2.3.0.0」からバージョン「2.7.0.0」にバージョンアップしました。
ただこれは吹き出しの設定が消えてしまうエラーに対応したバージョンアップらしく、今までの要望を受け付けたものではないようです。